今日はきゅうり

f:id:kitakarukaigo:20200730205821j:image

採れたて、棘が痛いくらい。早速、味噌マヨネーズで

1本ずつ、頂きました。

曲がっているのもありなので、5本100円でした。

昨日は、ナスとズッキーニとぶたバラを炒め、麺つゆで味付けして、とろけるチーズを  乗せ、蓋をして

という料理を  ご飯と一緒に盛りました。

無駄にしないで、新鮮なうちに、使い切るを  、心がけて、高原野菜を  楽しみたいと思います。

f:id:kitakarukaigo:20200730212050j:image

雑草?でも可愛い花が


f:id:kitakarukaigo:20200730212027j:image
f:id:kitakarukaigo:20200730212018j:image

紺菊でしょうか?植えた覚えがないのですが

とても丈夫で、綺麗な花を  沢山つけてくれます。

 

 

重宝しているもの

ガス乾燥機

ここ北軽井沢の、介護生活では、これ無くしては成り立ちません。

最近は、滅多にないことなのですが、今朝は、ベッドシーツから全て、一式、洗濯の状況に。

兎に角、ボケ気味の人が居る生活は洗濯物が多くなります。

この雨の多い季節、洗濯機や、乾燥機のある生活の、有り難みが身にしみます。

昔の人は、どう対処していたのでしょう。

 

足首ゆるゆる靴下

f:id:kitakarukaigo:20200716115334j:image

主人が自力の着替えで、一番、四苦八苦していることは、靴下履きです。

今年は、シマムラで調達して、全部を  この種の靴下にしました。

短めですが、スムーズに履けて、ずり下がることも無いようです。

 

蚊取り線香たて

 

f:id:kitakarukaigo:20200716164734j:image

こんな具合に、大きな洗濯バサミを  活用しています。

こんな高地でも、特に、庭仕事は、蚊取り線香が必要です。

この方法を  、思いついてから、とても気が楽になり、又、どんな小さなきれはしも

もやし切れて、無駄が無くなりました。

お勧めです。

掃除婦のための手引書

f:id:kitakarukaigo:20200713190904j:image

f:id:kitakarukaigo:20200713161751j:image

話題作の、なんだか、不思議な題名のこの本。

生きていれば、今、84歳(68歳で逝去)のアメリカ人の

彼女の波乱に満ちた並外れた沢山の経験の、その時々の実生活に材を とり、

創作の部分もあるとはいえ、体験した人のみがかけると思われる内容の短編集でした。

そのリアルな表現は、その時々を  よく観察、記憶していて

想像で、作り上げた作品ではない、迫力があり、ユーモアも感じられました。

 

読み応えのある本でした。

 

 

 

 

 

 

軽井沢へ

 

f:id:kitakarukaigo:20200713143657j:image

図書館で

先週、手当たり次第、二人分20冊借りてきました。

f:id:kitakarukaigo:20200723131459j:image

今週、借りてきた本。グラビヤ雑誌や文芸春秋などは、主人も楽しんでいます。

ボケ気味の主人との毎日に、その時々の気分で楽しめる、本や、雑誌は、私にとって、なくてはならない

ものです。本好きで、良かったな〜と思います。

f:id:kitakarukaigo:20200722160341j:image
f:id:kitakarukaigo:20200722160350j:image

軽井沢の行きつけの中華レストランでランチ

 

週一度、軽井沢に30分のドライブを  して

ランチ、図書館、大型スーパーのツルヤのコースで

回ってきます。

 

思うこと、あれこれ

感じのいい若者たち

先日、左隣の家で外装工事が入り足場の組み立てに、

たまたま、翌日は、右隣の電気工事に、どちらにも、まだ、10代とおもわれる若者が来ていました。

どちらの、若者たちも、

「笑顔」

「挨拶」

「先輩の指示に気持ちのいい受けごたえ」を  して

テキパキと仕事を  こなしていました。

こんなに、若くても、たいしたものだな〜と

庭仕事しながら、ほのぼのとした気分に、なりました。

 

バイク乗り

この辺りはツーリングというのでしょうか、バイク乗りの集団によく出くわします。

私は、後ろからきた彼らに、必ず、道を  譲ることにしています。

そうすると、追い抜く時、全員が、手を挙げて、「有り難う!」の合図を  していきます。

なんだか、嬉しくなる一瞬です。

 

 

びっくりしたこと

先日、小学一年生の孫がいる姪に我が家の近くに、子供の喜びそうな遊園地があるからと

知らせたら

孫も忙しいという話で

聞くと

野球始め運動系5箇所、お稽古5箇所に通っていて、

この日曜日、父親に連れられて、遊びに来た時は

「今日は、4時間も空いているから、ゆっくりできるんだ〜」と

言っていたとのこと。

私は、10箇所と聞いて、びっくり‼️

「嫌がらないの?」

「小さい頃からだから、そんなものだと思っているらしいの」

「誰が、送り迎えするの?」

「シッターさん」

とのことで、、

 

その時は、驚いたものの、後で考えてみると、

母親は、医者なので、仕事を  続けながら、子育てするのには、グッドアイデア

なるほど、こんな手が、あったのか!

感心しました。

10個の中から、続けたいと思うものが1つでも見つかれば、素晴らしいことだし、どれも、そこそこであったとしても

子供にとってはどんな経験も無駄なことはない

のですものね。

どのケースにも当てはまるとは思はないけど、今、少子化でも問題になっている

一度辞めると、復帰が難しい仕事に就いていて、子供を持つことを躊躇している女性の場合など、

年寄りの介護と違って、子育ての期間は限られていて見通せられるので、こんなやり方で、乗り切るというのも

あり!ですよね。

 

 

 

 

 

 

映画、今週観て、良かった‼️と思った作品です。

追憶(昔、観た作品ですが、)

 

愛と追憶の日々(主人公はシャーリー、マクレーン扮する未亡人。アカデミー賞受賞作品)

 

マルタの優しい刺繍(スイスの田舎の村が舞台で、主人公は80歳)

 

勘で選んできたDVDですが、私は、楽しめました。

もう、今は、あまり深刻なものより、ほのぼのとした作品がよくなっています。

好きな作品に出会ったので、今週はハッピーな気分で過ごせました。