今日は暖かい一日

   f:id:kitakarukaigo:20200205192621j:image   珍しく主人が早起きしたので

                                         サイゼリヤで     モーニング      飲み物  自由で   400円。  安いですよね!

                                        新聞読みながら   のんびり

 

f:id:kitakarukaigo:20200205192824j:image近くの   いちご農園で   朝採り   完熟

f:id:kitakarukaigo:20200205193021j:image菜の花満開

手賀沼沿いの   ドライブの後は   散歩を  楽しみました。

祖母から孫たちに 伝えておきたいこと 思いつくままに というブログも

書いています。

昨夏   久し振りに  会った  大学生の男の子の孫に  お節介な    おばーさんとしては

あれこれと言いたいことが  あって   色々   言っていたら

         私としては     そのつもりは   ないのですが    

本人には   しっかり   お説教と  思ったようで  閉口したのでしょう

      今は   ふーんと   聞いているだけだけど

      いつの日か   読んだら     そんなこと   大ママ   言ってたな   と   思い出すから

 ブログに   書いておいて欲しいと   言われました。

それからは   滅多に会えない  3人の孫たちに   思いつくままに  書いています。

どの程度   読んでくれているかは  不明ですが     私の   気も  済んで  います。

お正月に  何ヶ月ぶりかに    あった時も      余計なこと    言わないで   済んで

 とても  いい具合でした。

今朝の散歩

f:id:kitakarukaigo:20200203134836j:image隣の一人暮らしの  おばあさんが  亡くなって

                                      無人の  庭に

                                     今年も 健気に咲いています。
f:id:kitakarukaigo:20200203134845j:image椿
f:id:kitakarukaigo:20200203134828j:image公園の  河津桜
f:id:kitakarukaigo:20200203134819j:imageドローンを     飛ばしてる人が

           
f:id:kitakarukaigo:20200203134841j:image初めて  まじかで   ドローン  なるものを見ました。

                                    6万円位したとか

                                    写真を    とるのに   役立つ   とのこと
f:id:kitakarukaigo:20200203134832j:imageコブシ   蕾が  少し   膨らんで
f:id:kitakarukaigo:20200203134824j:image水仙

平家物語

f:id:kitakarukaigo:20200201133329j:imagef:id:kitakarukaigo:20200201133445j:image何度  挑戦しても  挫折していた

                                                                         平家物語

                                                                         この本  を   一気に読み  断片的な

                                                                          知識が   つながりました。

                                                                           字が大きく   アッと言う間に  興味深く 読めました。

                         

                                                                          

   

完 97歳の義兄のこと

    先日   義兄は  98歳で   天寿を  まっとうしました。

          お正月を    家族と  賑やかに  迎えた後   食が  進まなくなり  

            自宅では対応が  難しくなったので  息子が  院長を    していた こともある

            病院に 入院。

            食欲も戻り

            お医者さんや 看護師さんに大切に扱って貰い上機嫌で     いたそうです。

            この病院には  長くはいられないので   次の病院に移りリハビリを    行いながら 施設を   

             探そうと思うけど    父の納得が  最大の  関門  と   甥から  言ってきていましたが。

            二週間の  入院でした。

            亡くなる前夜には   開業していて  多忙な 娘が  来てくれ 最後の会話を  交わしてから

 

            酸素が始まり翌日曜日   息子や  孫に  手を    取られて  息を    引き取ったそうです。

 

            長い人生の うちには   大変な時代も  ありましたが    こんな  穏やかな 幸せな 最期を    迎えることが

             出来るなど   そうそう  誰にでも  出来ることでは無いと  。

             人生って     帳尻が  合うものなんだなあ   と   思った  ことでした。

 

             でも    こんな最期を    迎えられたのも   息子の  嫁の   長年の尽力が  あったればこそ

 

             葬式の後の   食事会の時   姪も   私も   皆さんの前で   お嫁さんに  感謝の言葉を  述べたのですが

               後で   お嫁さんの  兄妹達から  あんな風に   いつて頂いて   姉も報われます    と    

              とても感謝されました。案じて  いたのでしょうね。

 

            これからは  甥夫婦  が 健康に気を付けて    二人で  楽しい  人生  を    送って  欲しいものと

             切に  願っています。

 

 

             私も 3   歳から   兄で いてくれた  義兄   でしたので    沢山の   思い出が   あり     

              手紙を    毎日   書こう と  思いつき   何通か   書いた矢先でした。

               沢山  沢山  書くことが  あったのに     もっと  早くに   手紙  を    思いつき    思い出と共に

               沢山の感謝を    伝えれれば良かったのに   そのことは    残念です。