スパルタ式とは いつても

   このやり方は     ケイス バイ  ケイスですよね。

    私達夫婦のように

        50年以上の 付き合いで   キレやすい 私に  慣れつこに  なつていること や

        さっき 怒られた事も  忘れてしまう       馬耳東風   糠に釘   状態の   少々

            ボケ気味  の   主人ゆえ     あまり  本人は   ストレスに  なる事なく  過ごしている

             のだと  思います。

 

        知人の実家の  お父様が   50台の年齢で    脳梗塞で 倒れ    

            意識は   はっきり  しているものの      

               寝たっきり で     胃ろう を  しながら    16年     

              お母様が   一人で    介護   していらっしゃる話を  聞きました。

 

              

                気立ての良い   お嬢さんからも   優しい  お母様の   介護ぶりが   想像できます。

          

                元気な時  良くしてもらつたからと  いつも 優しく  面倒 みているのだけど

                滅多に   ないことだけど

                それでも   たまに    

                 どうして  こんなことができないの?     などと

                 怒ることがあると       パパが      とっても    悲しい   顔を    するの      と

 

           本当に    介護する方も    それ以上に   される立場の  お父様も  どんなに

            お辛いかと     胸が     痛くなりました。

           今までの  16年    

          これから 先も見えませんものね。

 

       私の   介護なんて   問題になりませんね。

 

        でも   状態によつては   スパルタ式は   おススメですよ。

           80歳の   友人は    一時   這っていなければ動けない状態だつたのに

           お嬢様の スパルタ式で    元気な時と変わらない 生活を   頑張って  

           こなしたら   すっかり   元気に  。

           今では    エアロビに   通って   良い汗 かいています。早い   動きに

           ついていくように    頭も   働かせるので    呆けても    いません   って

            メールを頂きました。 

             素敵な方でしょ?         とても   真似は   できませんが         

       

            

             

           

 

 

 

              

                

                

 

 

 

 

 

 

今日  3週間ぶりに自宅に  帰ってきました。

 

主人が  退屈してきたのと  庭仕事も  一段落したので  丁度

来てくれていた 孫に  運転してもらつて 急遽  帰宅しました。

 

新緑の  美しさに 驚いています。  北軽は  緑は まだまだ  。

この季節に  自宅を  留守に  するのは  勿体ない事

 

今年は  北軽の  季節の移り変わりを  しつかり  みたいと  思っては

いたのですが   帰ってきて  良かったです。

 

  念願の  林檎の木    アルプス乙女  を  植えてきたので  花 が咲く頃には

 また  あちらにと   思っています。

  当初  ターシャの 庭 に咲いていて 有名になつた  クラブアップル  姫林檎  が

  ほしくて探したのですが   見つからず     植木屋さんが代わりに  見つけて来てくれたのが

 この木でした。  こちらの木は  小ぶりの食べられる 実がなるそうで  こちらの方が

 理想的でした。   どうなりますか?    

 いつも   夢ばかりが   膨らんで   現実は   なかなか  なので 〜。

 あまり  期待しない方がいいのかも? と   思いながら  も

    赤い実のたわわな 

 秋を   想像して    ワクワク  しています。

 

 昨夜は   主人は  留守番で    孫に乗せてもらい   草津温泉に。

 本当に  久し振りに  のんびり出来ました。

 

 娘には  主人を  デイサービスに  行かせる事を  勧められますが

 朝の  出迎えを  待たせないように  支度させる  ストレス  。   行ったところで

 ボウーと1日 過ごして来るだけの主人を  思うと    そんな気になれず。

 

 結局  私の  お膳立てで  という事に  なります。

又  退屈させないように   毎日   イベントを   考えて  過ごす事になるでしょう。

 

 明日は  早速  麻雀に   連れて行こうかと  思います。

 

 相変わらず   しゅつ発 準備に   テンテコマエな時   大声で  怒らないではいられない

ことがあり     本当に   疲れました。

  

  

家計の事

      主人が倒れた事で    全ての  管理を    私がしなくてはいけなくなりました。

       結婚以来     その都度   必要に応じて   主人から  少しずつ もらう という  

       気楽な    生活を   つずけてきましたので     大変です。

 

        いつ方    全てを   把握している   今は    随分  無駄を省く   意識が  生まれ

        ました。

 

        元サラリーマンの   年金生活ですから   私が管理できる範囲内の    小さな規模

         ですのでなんとかやっています。

 

         今からの生活で   覚悟しなければいけないのは

              1      施設に入る時は   年金で 払える  範囲内

                       二人で の    入所は    難しい   

                         したがつて     居心地の事を考えても   出来うる限り自宅で

                          過ごす事  

              2     入院時は    特別な  状況以外  個室には    入らない。

                         これは   主人が   保険を 解約すると   言つた時     条件にしました。

                          今回の入院でわかつた事ですが    症状や状況や     患者の 性格   立場

                          など

                          個室の方がいい時は   勿論  あると   思います。

                           主人も   個室に  かなりの間  入つていました。

 

                            でも  その時   思つた事ですが   人の気配の  大切さ  です。

                            

                              今の入院は  夜  付き添いは  泊まれません。

                               そのため   個室の場合は   夜は  一人になるし  日中でも 看護師さんの

                                 出入りが極端に 少ないのです。

                                

                                 室内の  トイレに   一人で行こうとしたりすると    とても 

                                  危険です。

 

                          

                     今のところ   この2点   覚悟していれば   なんとかなるのでは   思つています。

                       

                        

                        鰻を  食べたいと思えば      食べることができる。

 

                        ささやかでも   孫たちに  お年玉や  誕生日祝い   を 渡すことができる。 

 

                         世話になつた時   の    孫に    有難うね。  と   心ばかりの

                         おこずかいを   やることが    できる。

 

                     こんなことが出来る   今の  生活に     とても 幸せ  を感じています。

 

              

 

                       

                  

 

         

       

家族

      息子と 娘の 家族が   東京に  住んでいます。

 

      私は忙しい彼らに  できうる限り  迷惑を   かけないように

       暮らすこと  を   基本姿勢に   と    心がけています。

 

 

     

 

        そうは思いつつも      今でこそ   主人は大分 よくなり    それなりに

         落ち着いた  生活を 送れていますが      頼りになる     家族が   

        あつたればこそ     乗り切れた  この   6年間でした。

 

         東大病院入院時から   私の  膝  が   動けないほど  の   痛みが出て

          毎日 の見舞いも 這うようにして  通いました。

         そんな中   ヨレヨレの  主人を  家に  引き取って   世話した頃

         は    最悪でした。

        

         私が   パニックになつて    息子に   駆けつけてもらつたりした事も

         ありました。

         大きくて  重い ダブルベツドを  二階に運び上げ  今の  生活しやすい   生活体制を

         整えてくれたのも  息子と娘が  いつしょにきて 二人で   ガンバつて

         くれた   お陰でした。

 

         

 

          北軽井沢で   私が   ひどい  眩暈  を   起こし  た  昨夏には  翌日には

          娘一家が   駆けつけてくれ  山小屋を  閉め   運転できない私の  車も

         運転して   2   台    で   帰った    と    いう事も    ありました。

         

         今は大学生になつた男孫が  どんな頼みにも  嫌な顔 一つせず気持ちよく   

          やつてくれ   私達の  生活を   支えてくれています。

         

 

        思えば   数えきれないほどの

          家族のサポートが   あつたから こそ  切り抜けて  来られた事だと思います。

         

 

         今      インターネツトに疎い私が       こうして    ブログ      なるもの を

                     始められたのも

                    

                    娘婿が

 

                      日記がわりに  ブログを書いてはどうですか?    

 

                    と  提案してくれ

 

                     大学生の 孫が  

               

                         設定  、やり方を    教えてくれたので

 

                        こうして  ブログと   いうもの が     理解できていないのですが

                       とりあえず  新しい事に   挑戦   と  いうところです

                    

                   

                    

                    

              

                          

            

     

 

 

        

         

食事の事

   主人は  食欲旺盛。  この数ヶ月前から  自己記録最高の  体重に。

    ズボンが  きつくなつているので

    3キロ位は  減量が 必要です。

    主人は   朝が遅いので    だいたい   1日 2食 なのですが    少し   量を 

     減らさなくては  いけません。

 

    でも   内臓は  問題なしで   薬は    何も  飲んでいません。

     サプリメントも  何も 飲んでいません。

 

    気分転換になるのでしょう。

    とにかく   外食をしたがります。

    自宅の時は ほとんど毎日 1食は  だいたい  ランチですが  外で 食べています。

     2   、3 日で   バランスを取ればをいいと考え    その日の 気分で   行きつけの店に

     出かけます。

     不足の栄養は   自宅での  夕食で  補います。

 

     行きつけの店とは

           中華なら   餃子の王将     車で15分   ドライブを兼ねて行きます。

                                                    安くて  美味しいのです。

                                                     餃子が  主人のお気に入り

                                                      又  小さなサイズの野菜料理が  揃っているので

                                                      バランスを考えて何皿も注文。

                                                 

                                                       私も これだけの料理の 材料を  揃えるだけでも

                                                        大変 と   有難たく 利用させてもらつています。

      

                回転寿司のはま寿司     近所なので  リハビリを兼ねて  歩いていきます。

 

                イタリアンは

                     サイゼリヤ              ここも  徒歩圏内です。

                                                     新聞を持つて ブランチに、  のんびり 寛ぎたい時に

                                                      行きます。

                                                       手賀沼沼畔にあり   眺めが良くて 居心地のいい店です。

                   どの店も  馴染みの l明るく 親切なスタッフたちがいて     ヨタヨタの 私達の為 

                    ドアを開けて   くれたり    座りやすい席を   みつくろつつて   案内してくれたり

                   とても親切にしてくれます。

                     いつも   ほんわか 暖かい気持ちになつて   帰って   来ます。

                   どの店も気楽に通える  又    お財布にも優しい店なので

                    私達の 今の生活には ピツタリ。

                   

                   その他    気分によつて        焼肉     ステーキ    ごくたまには

                    鰻や などにも    行きます。

 

                   買い物や   料理に 費やす  時間が   減っつて  その分のんびりできるので

                  私の  精神衛生的にもいいと 思います。

 

                   二人とも   血液検査で   異常なし  なので     食生活は   この調子で

                    いいのかな?   と   思つています。

 

              

              北軽井沢では   毎日 通いたいような   店は  見当たらないので

               ほとんど   自宅です。

                野菜たつぷりの   スープなど   たくさん作り  1食分ずつ

                冷凍したり  して  楽に食事の  支度が   出来るように

                 心がけています。

                

                 

                  夏場は    新鮮で  美味しい  高原野菜沢山 出るので

                  とても   楽しみです。

                  

        

 

                    

                    

 

                    

                   

                     

 

 

                    

  

                     

                     

                                                      

 

                                           

 

                                                      

                              

 

今日から ゴールデンウィーク

      別荘の  御近所さんが  揃いました。

      少し 妻恋村  に   降りて行くと          この別荘地も   住所は  妻恋村なのですが       

        こぶし   レンギョウ   桜が満開      周りの山々は   優しい色合い   まさに   

            山笑う    の    表現ピツタリの  陽気です。

 

        でも   今朝  庭仕事を   と      5時起きしましたが   小雨が残り  4度   。

        

       今日の天気予報は  6度   雪      と    出ていました。

      

        なにかの間違いでは    と   思つて居ましたが      本当でした。

         今日は   一日中  冷たい   風が   吹いて雪もちらほら。

         色々 植えた   草花が  元気が無くて心配。

 

        散歩も   今日は   お休みです。   

        肉屋に   ドライブがてら    連れて行きましたが      又

         主人は    退屈して      いつものごとく    ドライブに行かない?

        と    言いますが    私は    とても     そんな気に   なれません

          

        

 

 

        

 

         

 

        

 

 

 

 

     

  

 

主人に関するストレス2件

      1      何といつても     トイレ問題

 

     2        やたらに  ドライブに 行きたがること

               兎に角   朝   起きて  開口一番   

                     

                     新聞買いに行かない?

 

               北軽井沢では新聞配達はなく     少々   遠くまで ドライブを兼ねて買いに行くのです。

                新聞を 読みたいのではなく   ドライブが 目的です。

 

               そして   一番  私が  カツとなるのは    わざわざ  遠回りして  ドライブを  楽しませて

               帰宅    、疲れて やれやれと  一息   お茶   している  最中、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                           ドライブに行かない?

 

              と   言われること。

 

              毎日のように言われると     いい加減  参ります。

                    耳の遠い主人に  大きな声で 優しく 説明など  出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                

               さつきの事を 忘れる  呆けの  症状と  わかつては   いても

               疲れている時や  毎日   言われると   優しく  状況説明なんて

              できません。

 

 

              そこで     数種の   大きなカードを   作り   それを  その都度  

                提示するようにしました。

                  トイレの関係には

 

                     1     トイレの掃除

                      2     もう一度  トイレの掃除

 

               ドライブ関係には

 

                      1      さつき行つたばかりでしょ

                       

                       2       もうチョツト後にして                      

                       

                        3    今日はもう  ドライブには   行きません。

                                    疲れています。 ゆつくりしたいです。

                        

                               

 

                            この時の主人の反応が

                                 ああ    そうですか。   どうぞ     ゆつくり お休みください。

 

                  という具合です。

 

              自宅の場合は     週2回の麻雀     ほぼ 毎日 1回の  外食をかねた ドライブ、

              北軽井沢では    午前と午後 1回と決めてドライブには  連れて行きます。

              いずれも 通い慣れた    人通りの少ない   田舎道     が ほとんどで     賑やかな場所には

               極力   行かないように    心がけて居ます。

 

            

              今まで                色々と大変な事は   ありましたが   その都度工夫して   問題解決し

               今のところの   私の大きなストレスは  このくらいでしょうか。

 

               主人が倒れてから   6年目 ですが    

                    驚くことに  主人は  一度たりとも   声を荒げたり    怒つたりした事が

                    ありません。  

                     それから    必ず   有難う   の   言葉が  あること。

 

                    元気な時代から  穏やかな人では ありましたが    現在は   何かにつけて

                   いつ方的に     私に   怒鳴られています。

                    私が    あまりの事に絶望して   怒ると    

                           

                          まあまあ     そんなに    怒らないで        

                 

               なんて言うので

                             

                              どうして 私がこんなに怒つているか     言つてみて

               というと

 

                       わかつている時もあれば    さつきの事 忘れていることも。。。。、、ーー

                      

                          

                   こんなに怒られて嫌かしら?     と聞くと

                             今のままでいいよ    それで お前の  ストレス解消になるなら

                   と言います。

 

 

                   今度の新車は    ボイスレコーダーがあるので   

                         私の大きな怒鳴り声    大きな声でなくては聞こえないのですから  ね、

                         が    記録されるのは   嫌なので   

                         その装置は    止めて   もらうよう頼みましたが    

                         事故の時のために   出来ないとのことで  、、、

                  

                      滅多に   聴くものでは ないらしいですが   そんな時があれば

                      私の    迫力に    さぞ    仰天されることでしょう。