胃ろう について

    いつ昨年の夏    主人は 食事が  ほとんど  たべられなくなりました。

        本人は   食べなくてはと  思うらしく  口元まで  持つて  行くのですが

        そこで  止まってしまいます。

         毎日のように  軽井沢病院に   点滴に  連れて行き   ました。

          外科の先生が   担当  で  点滴の傍ら    栄養のある  飲み物を  処方してくださつて

          それを  なんとか飲ませたり   蜂蜜や   アイスクリームなど を   舐めさせたり

           栄養の   補給に 努めましたが    どんどん    痩せて  行きました。

 

          意識は  はつきり  あるし   まだ   70歳台の  衰弱していく  主人を  ただ  見ている

          だけ  には  いかず     胃ろうの  事を考えました。

          頂いた  パンフレットを  読むと  又   食べられるように なった時は  外せる  と

         かいてあるので    この際   胃ろうで  栄養 補給してもらうほかない   と  まで

          思いつめていました。

 

          東京にいる   脳外科医の  甥に   相談すると   水頭症の   管も  背中に 入っている事なので

          胃ろうを   そう簡単に  考えない方が   いい    。 

          兎に角   水頭症の手術をしてもらつた    病院に  連れて行くように  と  の

          アドバイス。  

          インターネットで調べても   水頭症  で    食べられなくなる症状が とは    どこにも

          かいていないので   水頭症とは   結びつかなかったのですが    。

     

          アドレスに  従って

         水頭症の手術を  してもらつた  中目黒の  東京共済病院に  お盆休みあけの   先生の診察日に

         予約は 取れなかつたのですが 

 

          前日から来てくれ  ていた娘と二人がかりで   新幹線と   タクシーで  ヨレヨレの 主人

          を  運び込みました。    そして

 

           兎に角   入院させて欲しいと    お願いしました。

               その時点で は  先生は      衰弱している   主人をみて     高齢でもあるので  もしもの  覚悟は  

                していてください   と    おっしゃいました。

         

 

         

 

           そして    思いがけない事に

          3週間の  入院で 退院した時には   元の   食欲旺盛な主人に   戻っていました。

          嬉しい 驚きでした。

 

          私達は   常日頃   尊厳死   について  話し合っています。

          

           お互いに

           管を たくさん繋げて   ただ  生きて いるだけ  の  状態に  なるのは   やめたい

         と 。

 

         でも   今回  食べられる状態に  していただけたから  良かったものの   もし

         ダメだった場合  どうして いたか?  

         胃ろう にするということは    その後の  問題も  沢山あるそうですので。

 

          ほかに   内蔵が  どこも  悪くないだけに   、、、。

          難しい問題だと思います。