家計の事

      主人が倒れた事で    全ての  管理を    私がしなくてはいけなくなりました。

       結婚以来     その都度   必要に応じて   主人から  少しずつ もらう という  

       気楽な    生活を   つずけてきましたので     大変です。

 

        いつ方    全てを   把握している   今は    随分  無駄を省く   意識が  生まれ

        ました。

 

        元サラリーマンの   年金生活ですから   私が管理できる範囲内の    小さな規模

         ですのでなんとかやっています。

 

         今からの生活で   覚悟しなければいけないのは

              1      施設に入る時は   年金で 払える  範囲内

                       二人で の    入所は    難しい   

                         したがつて     居心地の事を考えても   出来うる限り自宅で

                          過ごす事  

              2     入院時は    特別な  状況以外  個室には    入らない。

                         これは   主人が   保険を 解約すると   言つた時     条件にしました。

                          今回の入院でわかつた事ですが    症状や状況や     患者の 性格   立場

                          など

                          個室の方がいい時は   勿論  あると   思います。

                           主人も   個室に  かなりの間  入つていました。

 

                            でも  その時   思つた事ですが   人の気配の  大切さ  です。

                            

                              今の入院は  夜  付き添いは  泊まれません。

                               そのため   個室の場合は   夜は  一人になるし  日中でも 看護師さんの

                                 出入りが極端に 少ないのです。

                                

                                 室内の  トイレに   一人で行こうとしたりすると    とても 

                                  危険です。

 

                          

                     今のところ   この2点   覚悟していれば   なんとかなるのでは   思つています。

                       

                        

                        鰻を  食べたいと思えば      食べることができる。

 

                        ささやかでも   孫たちに  お年玉や  誕生日祝い   を 渡すことができる。 

 

                         世話になつた時   の    孫に    有難うね。  と   心ばかりの

                         おこずかいを   やることが    できる。

 

                     こんなことが出来る   今の  生活に     とても 幸せ  を感じています。